「ええじゃないか」を集めるブログ

30代男が良いと思ったモノやコトをひたすら紹介していくブログです。

アメリカ留学→OPT駐在のクレジットカード発行戦略その②<【保存版】最速OPT申請&SSN取得手続&取得後にやるべきこと>

f:id:allwork-allplay:20200202173919j:plain


こんにちは、おろち丸です。

アメリカ留学後、OPTで短期間(最大12か月)駐在予定の方を対象に、

短い期間でアメリカクレジットカード発行によって得られる利益を最大化するにはどうすれば良いか

という戦略について解説する連載シリーズの続きです。
その②では「最速OPT申請&SSN取得手続&登録後の注意点」についてまとめています。留学後OPTとは関係ない駐在員の方はスルーしてください!

Ⅰ.OPTとは?

Optional Practical Training(OPT)とは、学生ビザ(F1ビザ)で留学している海外留学生が企業研修を行うことをいいます。専攻分野と関連のある職種である必要があります。私のようにロー・スクールを卒業してOPTをする場合は、企業の法務関連分野での研修や、法律事務所で研修することが求められます。

細かく分けるとプログラム受講中に実施する「Pre-Completion OPT」とプログラム修了後に実施する「Post-Comletion OPT」に分かれているのですが、社会人で留学されるような方は、基本的に卒業後に研修するパターンが多いので、以下ではOPT=「Post-Completion OPT」という前提で話を進めます。

OPTの期間は原則として最長12か月です。そのため、新たに就労ビザを取得するなどしない限り、OPT期間の開始から12か月+60日(グレイスピリオドといって国外退去するための準備期間)までしかアメリカに滞在できません。それ以上滞在すると不法滞在になります笑

ただし、STEM=Science/Technology/Engineering/Mathematicsの各分野を専攻していた学生は、STEM OPT Extensionという制度を利用できる場合があります。その場合、OPTの期間を24ヶ月延長できますので、最長36か月+60日の間、アメリカに滞在することが可能となります。優秀な学生はOPTの間に実績を認められ、企業にスポンサーになってもらって就労ビザを取得するパターンが多いようですね。

Ⅱ.OPT申請の時期・手続

OPT申請の手続ですが、卒業前(3か月くらい前)の時期になると、留学先の大学でOPT参加希望者を対象としたワークショップが開催されるので、出席してスケジュールや手続について必ず確認しましょう。まず学校の担当者にOPT許可を記載したI-20を新たに発行してもらう必要があります。そして、I-20の発行後30日以内、かつプログラム修了日の90日前からプログラム修了後60日までの間に、USICS(米国移民局)まで申請する必要があります。

申請手続については、以下のサイトがめちゃくちゃ詳しく解説してくれてるので、そちらを参照すると良いと思います。

studyusa-log.com

Ⅲ.SSNの取得・登録方法
(OPT申請と同時にできます)

OPT申請後、2~3か月程度でEADカード(労働許可証)が送られてきます。ただし、これは順調にいった場合の話なので注意が必要です。卒業時期直前である3月から5月頃はOPT申請をする学生が多い時期なので、この時期に申請するとUSCISの処理が追い付かず、尋常じゃないくらい遅れることになります。実際、働く予定日が決まっているのにまだEADカードが届いてなくて働けない…という悲惨な状況の人はチラホラいるようです。僕も、チンタラしており3月末頃に申請したのですが、カードが届いたのは7月末と、なんと4か月もかかりました。学校がOPTの案内をする時期にもよりますが、申請できるようになったら最速で申請しましょう。

それには理由があります。SSNを最速で取得するためです。

近時、USCIS社会保障局(Social Security Administration)の情報連携により、OPT申請の際、SSN未所持の人はSSNを同時に申請することができるようになりました(それまでは、OPTカードが届いたらいちいちSSNを申請する必要がありました。)。そのため、EADカード到着と同タイミングで、SSNが記載されたソーシャルセキュリティカードも届きます。

なぜSSNを最速で取得する必要があるのか?賢い皆さんはもうお分かりですね。

できるだけ早くSSNをクレジットヒストリーに紐づけて、アメリカのクレジットカードを自由に申請・発行できるようにするためです。

連載記事その①でも触れましたが、アメリカではSSNがなければ、原則としてクレジットカードを発行することができず、発行できるとしても一部のカードに限定されます。SSNに紐づいたアメリカのクレジットヒストリーが存在しないためです。SSNなしで取得したクレジットカードでもクレジットスコアは貯まりますが、それはSSNと紐づけなければ、アメリカでのクレジットヒストリーとみなされません。

そのため、できるだけ早くアメリカのクレジットヒストリーを手に入れるためには、できるだけ早くOPTを申請してSSNを取得し、それを保有するクレジットカードのアカウントと紐づけてやる必要があるのです。

そのため、SSNを取得したらまずやることは、クレジットカードにSSNを登録することです。ANA USAやJAL USAカードの場合、ソーシャルセキュリティカードを書類提出用のウェブサイトでオンライン送付するだけです。僕の場合、提出後すぐに受領の連絡、その2日後に登録完了の連絡が来ました。

Ⅳ.SSN登録後すぐにクレジットカードを申請しちゃダメ!
(1か月程度待ちましょう)

SSN登録完了!さあすぐにクレジットカードを申請するぞ!!と思ったそこのアナタ。いったん落ち着いてください。すぐに申請しても面倒なことになります。

なぜなら、クレジットカード発行元(銀行)の法でSSNが登録されてから、クレジットヒストリーを管理するクレジットビューロー(※)にヒストリーが反映されるまで時間がかかるため、すぐに申請してもクレジットヒストリーがない状態になってしまうからです。
アメリカではEquifax、Experian、TransUnionという三大クレジットビューロー(信用情報機関)が個人のクレジットヒストリーを管理しており、クレジットカード発行会社はこれら3大ビューローのどれか(あるいは複数)に問い合わせを行い、与信チェックをしています。

当たり前といっちゃ当たり前ですね。僕の場合、SSN登録から1週間も経たない内にクレジットカードを申請したら、「身元確認がとれないのでいずれの会社からもSSN等の書類を送って欲しい」という要請がきて、SSNやパスポートのコピーをChaseやAmexまでFAXで送る羽目になりました(カバーレターとか作るの面倒だった。)。

このようなアホ過ぎる自体にならないように、クレジットビューローにクレジットヒストリーが反映されるまで少し待つのが賢明です。どれくらいの期間待つ必要があるかは明確ではありませんが、僕の場合は、SSN登録→Chaseのカード申請→追加書類提出→1週間後にアプルーブという流れで、SSN登録からアプルーブまで2週間程度かかりました。この経験からすると、

追加書類提出の手間やDeclineのリスクを避けるためには、SSN登録完了からクレジットカード申請までは、2週間、できれば1か月(SSNを登録したクレジットカードのBiling Cycleが終わるまで)程度待った方が良い。

というのが僕の結論です。
なお、僕は無謀にも最初にChase Sapphire Prefferedを申請し、承認されました。かなりラッキーだったかもしれませんが、最初にJALカードを入手してからちょうど1年くらい経過した時点だったので、SSN未登録の状態でクレジットカードを1年使用した後、SSN登録すれば1年分のクレジットヒストリーが反映されるという事実を裏付ける結果と考えます。

Ⅴ.さいごに

いかがでしたでしょうか。できるだけ早くアメリカのクレジットカードを申請・発行するためには、できるだけ早くSSN取得=OPT申請する必要があることについて解説しました。

次回記事では、留学OPT/駐在という限られた期間で申請すべき、おすすめのクレジットカードを紹介する…前に、申請に必要な重要基礎知識をご紹介します。

留学後OPTを考えている方、もしくは短期間駐在の方のお役に立てば幸いです。記事の内容にご質問等があればどしどしコメントください!

 

おろち丸 拝